ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

【鎌倉市内】2024年 桜の開花状況について

鎌倉市内 桜の開花状況

 

鎌倉に春本番を告げる桜の花。厳かな神社仏閣が薄桃色に染まり、華やぐ古都の雰囲気が楽しめます。

例年の鎌倉市内の桜の開花は、早咲きのおかめ桜(オカメザクラ)、寒緋桜(カンヒザクラ)、鎌倉生まれの玉縄桜(タマナワザクラ)などは2月下旬から3月中旬に見頃を迎え、しだれ桜(シダレザクラ)やソメイヨシノなどは3月下旬前後から4月上旬ごろに見頃を迎えます。

 

2024年の開花について

3月に入り、気温は全国的に平年より低く推移しています。東京都心では3月として4年ぶりとなる積雪を3月8日に観測しました。このあと3月中旬から下旬にかけては「春分の日」の前後に寒気の影響を受けますが、期間を通すと気温は平年より高く推移する所が多く、4月以降もその傾向は続く見込みです。そのため桜の花芽は順調に生長し、開花・満開ともに、全国的に平年より早くなるでしょう。東京は3月21日に開花、28日満開の予想。また、桜の満開は、3月下旬~末までに九州から関東にかけて広い範囲で満開を迎えるところが多くなるでしょう。(引用)日本気象協会 2024年桜開花予想<外部リンク>

 

>>リアルタイム情報は公式SNSで更新中<<​
X(旧Twitter)Facebook<外部リンク>

 

 

  1. おすすめ情報
  2. 【エリア別】桜スポット情報
  3. 鎌倉市内開花情報[速報/不定期]

 

 

【エリア別】桜スポット情報

鎌倉市内マップ
鎌倉は至るところで桜を見ることが出来るので
王道桜スポットはもちろんのこと
密を避けた穴場スポットで楽しむのもおすすめです!​

鎌倉駅周辺

英勝寺、葛󠄀原岡神社、源氏山公園、浄光明寺、段葛、鶴岡八幡宮、本覚寺など

金沢街道周辺

鎌倉宮、浄妙寺、瑞泉寺、宝戒寺、報国寺、明王院など

由比ガ浜・長谷・極楽寺

甘縄神明神社、鎌倉大仏殿高徳院、極楽寺、成就院、長谷寺など

大町・材木座

安国論寺、光明寺、長勝寺、妙本寺など

北鎌倉駅周辺

円覚寺、建長寺、散在ガ池森林公園、浄智寺、明月院など

鎌倉山・西鎌倉・深沢

鎌倉山、鎌倉中央公園など
大船駅周辺

大船フラワーセンター、龍宝寺など

稲村ガ崎・七里ガ浜・腰越

小動神社、七里ガ浜商店街 (桜のプロムナード)など

*その他、「鎌倉の花(桜)」でもご紹介しています。​​

 

 

 

[速報/不定期]
鎌倉市内開花情報

極楽寺(4月11日)

極楽寺
​日本遺産の構成文化財である極楽寺。参道のソメイヨシノは見納め、転法輪殿前の「八重一重咲き分け桜(鎌倉原産の桐ヶ谷)」が満開になりました。

 

 

安国論寺(4月11日)

安国論寺
​境内では御小庵の脇で妙法桜が見頃を迎えています。妙法桜は珍しい八重の山桜で正式な品種名は「市原虎の尾」。鎌倉市の天然記念物です。

 

 

源氏山公園(4月11日)

源氏山公園
​ソメイヨシノ、大島桜など多くの桜が葉桜になり、春もみじの赤色が鮮やかになってきました。

 

 

葛󠄀原岡神社(4月11日)

葛󠄀原岡神社
​ソメイヨシノはピークを過ぎましたが、鳥居の左脇にある枝垂れ桜が咲き始めました。これからが楽しみです。

 

 

明月院(4月11日)

明月院
日本遺産の構成文化財である明月院 。参道石段の枝垂れ桜の開花が昨年よりも大分遅くなりましたが、現在見頃になっています。

 

 

長勝寺(4月10日)

長勝寺
材木座にある長勝寺。見頃のピークを少し過ぎたソメイヨシノに代わるように、参道脇や境内の枝垂れ桜が見頃になっています。

 

 

夷堂橋(4月10日)

夷堂橋
​日本遺産の構成文化財である本覚寺の東にある夷堂橋(えびすどうばし)。
滑川にかかるこの橋のたもとの桜が満開です。

 

 

妙本寺(4月10日)

妙本寺①妙本寺②
​カイドウは見納め、木々の緑が鮮やかになってきています。祖師堂に向かって右手に佇む緑がかった淡い黄色の桜が見頃になっています。 昨年お寺の方から御衣黄(ごいこう、ぎょいこう)という品種だと伺いました。 

 

 

鶴岡八幡宮段葛(4月10日)

少し葉は出てきていますが、昨日の春の嵐にも耐え、見頃が続いています。

 

 

鎌倉大仏殿高徳院(4月10日)

鎌倉大仏殿高徳院
​昨日の春の嵐にも耐え、桜が満開です。回廊の裏手にも桜が多く植えられています。

 

 

本覚寺(4月10日)

本覚寺本覚寺②
​鎌倉桜といわれ鎌倉生まれと伝わる桜「桐ヶ谷」が見頃です。

 

 

海蔵寺(4月5日)

1
カイドウが見頃を迎えています。

 

 

建長寺(4月5日)

12
桜が見頃を迎え、三門(山門)へ至る参道に桜のアーチができています。仏殿脇のソメイヨシノ、唐門前のタイリョウザクラ、東日本大震災で被害にあわれた方々の追悼のために植えられたという三春滝桜(ミハルタキザクラ) の子孫樹(枝垂桜)、半僧坊の参道沿いのソメソメイヨシノなど、境内至る所で桜が見頃です。

 

 

英勝寺(4月5日)

1
仏殿脇に数本ある桜が見頃になっています。ピンクの蕾から白い花を咲かせ、終わるころに薄墨色に変化するという、薄墨桜と思われます。

 

 

光則寺(4月5日)

1
参道のソメイヨシノが満開です。境内の カイドウも見頃になりました。 

 

 

極楽寺(4月5日)

1
参道のソメイヨシノが満開です。大木の桜「八重一重(桐ヶ谷 )」はまだ蕾です。

 

 

成就院(4月5日)

1
山門前の桜が満開です! 

 

 

御霊神社(4月5日)

1
桜が満開です。緋桃(ヒモモ)も見頃になりました。
※境内は撮影禁止です。ご許可をいただいて撮影しています。 

 

 

鶴岡八幡宮(段葛・源氏池)(4月2日)

12
段葛の桜は咲き始め~二・三分咲き、源氏池の周りは咲き始めから見頃間近まで、木によって差がありますが雰囲気が大分華やいできています。

 

 

本覚寺(4月2日)

1
本堂横(分骨堂前)の枝垂れ桜が満開です。楼門左手の塀の内外に数本ある 「桐ヶ谷(きりがや)」という品種の桜が咲き始めました。「桐ヶ谷」は材木座の桐ヶ谷で生まれ鎌倉時代からあったといわれ、少し大きめの八重と一重の花が1本の木に混じって咲きます。

 

 

妙本寺(4月2日)

12
祖師堂左手前の カイドウ が見頃です。写真はありませんが右手前の木は五分咲きくらいです。大木の ソメイヨシノ も一気に開花し、見頃を迎えています。

 

 

瑞泉寺(4月2日)

1
二階堂にある瑞泉寺。岩盤を削って作られた岩の庭園では枝垂れ桜 が見頃を迎えています。

 

 

浄智寺(4月2日)

1
北鎌倉にある浄智寺。神奈川県の名木100選に選ばれているタチヒガン、山門横の 枝垂れ桜 が見頃です。 

 

 

源氏山(4月2日)

1
ソメイヨシノ はまだ咲き始めですが頼朝像正面のオオシマザクラ やその周辺の桜が見頃になっています。大木の ヤマザクラ はピークを過ぎたものの見ごたえがあります。

 

 

葛原岡神社(4月2日)

12
参道周辺のソメイヨシノが咲き始め、品種はわかりませんがピンク色の桜が満開です。駐車場から北鎌倉方面を見渡すと、手前の山腹にヤマザクラ でしょうか、満開の桜が見られました。

 

 

安国論寺(3月22日)

安国論寺
山門前、境内にある枝垂桜に開花が見られました。画像はないですが、妙法桜はまだ蕾です。

 

 

英勝寺(3月22日)

桜はまだ蕾です。

 

 

浄妙寺(3月21日)

浄妙寺
散策路の白い桜が見頃を迎えています。背景に写っているのは衣張山(きぬばりやま)です。隣のピンクの桜はピークを過ぎましたが残っている花はまだ見ごたえがあります。ウグイスがすぐ近くの茂みの中で鳴いていました。

 

 

本覚寺(3月21日)

本覚寺
本堂脇(分骨堂前)の枝垂れ桜が咲き始めました。

 

 

浄智寺(3月21日)

タチヒガン(大木の桜)はまだ蕾です。

 

 

鶴岡八幡宮・旗上弁財天社(3月20日)

旗上弁財天社のオオシマザクラは葉桜になり、ある程度散っていますが、7割程度は花を楽しむことが出来ます。鶴岡八幡宮境内の太鼓橋付近の早咲きの桜、馬場の早咲きの桜も同様です。また、ソメイヨシノは蕾が膨らみ始め、実朝桜(八重桜)はまだ蕾が固いです。

 

 

長谷寺(3月19日)

サンシュユ、ウンナンオウバイ、ハナモモ、コフクザクラが咲いています。また、寒緋桜もピークは過ぎましたがまだ咲いています。

 

 

光則寺(3月19日)

池の周りにある足柄桜が見頃です。また、カイドウ(海棠)が数輪咲き始めました。

 

 

妙本寺(3月19日)

カイドウ(海棠)が数輪咲き始めました。

 

 

旗上弁財天社(3月13日)

旗上弁財天社
​鶴岡八幡宮境内にある旗上弁財天社。オオシマザクラ が見頃を迎えています。

 

 

光明寺(3月7日)

光明寺
材木座にある光明寺の河津桜。大きくはありませんがピークを過ぎてもまだ見ごたえがあります。3月30日(土曜日)、31日(日曜日)には観桜会が予定され、併催として光明寺寺宝展・山門楼上特別公開が開催されます(3月30日~5月6日)。 

 

 

杉本寺(3月7日)

杉本寺
​二階堂にある杉本寺。石段の苔の緑が少し鮮やかになってきたようで春を感じます。境内では大木のカンヒザクラが見頃間近です。

 

 

収玄寺(3月7日)

収玄寺
​長谷にある収玄寺。長谷駅からすぐのところにあります。四季折々の花が見られます。今はミツマタ、その奥のサンシュユの黄色い花が満開になっています。背景の河津桜をヒヨドリが訪れていました。

 

 

長谷寺(3月7日)

長谷寺
​長谷寺のカンヒザクラが見頃を迎えています。上境内への階段を登りきった右手、かきがら稲荷の参道手前にあります。

 

 

川喜多映画記念館(2月29日)

川喜多映画記念館
鎌倉駅東口から徒歩8分、鶴岡八幡宮のすぐ近くにある川喜多映画記念館。この時期遊歩道を歩くと河津桜と玉縄桜を一緒に見ることができます。開館中はどなたでも通行可能です。敷地内にある旧川喜多邸別邸(旧和辻邸)春の一般公開が行われます。

 

 

浄妙寺(2月29日)

浄妙寺
​浄明寺地区にある浄妙寺。散策路からは河津桜越しに衣張山(きぬばりやま)を一望できます。

 

 

建長寺(2月29日)

建長寺
​北鎌倉にある建長寺。山門手前両脇にあるオカメザクラが見頃になっています。

 

 

本覚寺(2月29日)

本覚寺
​小町にある 本覚寺。鐘楼横の河津桜が見頃です。近づいて下から見上げたり回り込んでみたりして色々な角度から楽しめます。

 

 

甘縄神明神社(2月29日)

甘縄神明神社
​長谷にある甘縄神明神社。和銅年間(8世紀初め)に創建されたと伝わる由緒のある神社で、源氏と縁が深く、鎌倉時代には頼朝や政子も参詣したと伝えられています。静かな境内では玉縄桜が見頃を迎えています。

 

 

玉縄の谷戸池(2月27日)

玉縄の谷戸池
​大船駅から徒歩15分弱。玉縄にある谷戸池のほとりの玉縄桜がほぼ満開です。ソメイヨシノの大木もありこれからが楽しみです。現地を訪れる際は近隣のご迷惑にならないようご配慮をお願いします。

 

 

鎌倉宮(2月22日)

鎌倉宮
​二階堂にある鎌倉宮。鳥居の左手前の河津桜「初春桜」が満開です。境内を進むと階段下右手、さらに神苑内の鎌倉宮碑左手に「如月桜」(キサラギザクラ)と名付けられた河津桜があり、どちらも見頃になっています。

 

 

大船フラワーセンター(2月22日)

大船フラワーセンター
​大船フラワーセンターでは、ソメイヨシノより一足早く玉縄桜が見頃を迎えつつあります。同センターでソメイヨシノを元に独自に育成された品種です。

 

 

若宮大路(2月22日)

若宮大路
鎌倉原産の桜玉縄桜が咲き始め、場所によってはすでに見頃になっています。写真は若宮大路、二の鳥居近くの歩道にある玉縄桜です。

 

 

御霊神社(2月22日)

御霊神社
​坂ノ下にある御霊神社。河津桜が満開です。
 (境内は撮影禁止。許可をいただいて撮影しています)

 

 

英勝寺(2月14日)

英勝寺
​扇ガ谷にある英勝寺。静かな境内では梅の多くが見頃を迎えています。河津桜も咲き始めています。

 

 

光明寺(2月14日)

光明寺
​材木座にある 光明寺。河津桜が咲き始めました。現在大殿の解体修理中。先日NHK「解体キングダム」でその様子が放映されました。

 

 

*その他、鎌倉市内で桜の楽しめる場所は「鎌倉の花(桜)」でもご紹介しています。​

 

[[detail_ippan_movie_left]] [[detail_ippan_movie_center]] [[detail_ippan_movie_right]]